八嶋 俊介

説明会で聞いた『オンリーワン』。
この言葉に共感したことが始まりでした。

八嶋 俊介01

就職活動に励んでいた16年前。特にやりたいこともなく、何となく営業になるんだろうなという感覚で、食品業界の会社を受けていました。しかし内定することもなく、仕切り直した就職活動の中で、説明会で見つけたのがダイキチレントオールでした。
もともと大学時代の学園祭で利用していた背景もあり、非常に身近な存在であったものの、どんな会社なのか詳しく知っているわけではなかったため、興味本位で説明会に参加しました。そこで社長がおっしゃっていた言葉が『オンリーワン』。

今では少しベタな言葉かもしれませんが、当時の私にはとても魅力的に聞こえました。業務内容も、営業だけでなく設営まですべて行っている点から、何となく、当時私が求めていたものと少し似通っていたのかもしれません。

入社当初はすべての業務を担当。
だからこそ、出来ないところはお互いで支え合って働いていました。

八嶋 俊介02

入社した当初は社員10名ほどの会社だったため、全員がオールラウンダーでした。入社してからすぐに、先輩からの引継ぎや新規開拓のための電話営業、そして現場営業と、私も含めみんながオールマイティーに働いていたことを覚えています。ある程度業務の済み分けはされてはいるものの、メンテ・準備・デスクワーク・配送・現場とお互いがお互いを補い合っていました。そんなスタッフ同士の支え合いが、自分の根幹にあるのだと思います。

細かい不安要素を洗い出してリスクを排除していく。
どんなイベントでも、プロとして細かいところまで気配りすることが大切。

八嶋 俊介03

ある大きなスポーツ大会を担当した時に、準備から本番まですべて上手くいったのですが、片付けの際にかなり手こずったことがありました。結果的にはお客様に迷惑をかけてはいないのですが、自分の中では非常にその経験が印象に残っています。そしてそのような経験があってからは、今まで以上に、「不安要素を少しでも多く洗い出してリスクを排除する」段取り重視のスタイルに切り替えていくようになりました。

行きつく先は結局『お客様』。
感謝の言葉や信頼関係にやりがいを感じます。

八嶋 俊介04

イベント事業の管理を任される立場になっても、やっぱりやりがいは営業の中で一番感じます。個人によってそれぞれあるとは思いますが、私の持ち味は、徹底した現場営業にありますね。営業はイメージを形にする仕事なので、打合せ・現場でお客様と話したものがすべて。現場やプロジェクトを通して営業がいることで、信用・信頼・安心感につながると考えています。
この会社がしていることは、完全に裏方の仕事。でもそれが、お客様にとっては『なくてはならない』存在なんです。それに加え、同じ仕事は一つもないので、普通のサラリーマンではないのも魅力的なところですね。お客様のイメージを形にするクリエイターであり、かつダイキチレントオールはその末端をも担う大切な存在だと思っています。
その結果、お客様から頂く感謝の言葉や、イベントの参加者の楽しそうな顔を見ると、やりきった喜びを感じます。

八嶋 俊介05

16年間働いてきた中で一番得たことは、
自分の存在価値を見出せたこと。

16年間この会社で働いてきて、紆余曲折いろんな経験をしてきました。その中で、自分の存在価値を見出せたことは非常に大きいです。自分が、お客様にとって、あるいは会社にとって必要不可欠な人間になりたいという想いが強かったということもありますが、この会社にそのような環境があったからこそ今まで続けることができたのだと思います。

自分の考えを持って、かつ、
謙虚な心を持った人に来てほしい。

私個人の好みでもあるのですが、経験則的に、自分の考えをしっかりと持った人と仕事がしたいですね。かつ、相手の立場に立って意見を受け止めることのできる人が、ダイキチレントオールだけでなく、社会的にも必要とされる人財になるのかなと思います。あとは、そのような経験が自分の成長に繋がると理解している人がいいですね。

お問い合わせはこちらまで!!

0120-308-005

【東大阪店】
〒578-0975 東大阪市中鴻池町1-9-36
【堺泉北店】
〒599-8272 堺市中区深井中町1385-1

TOPに戻る